スパイスとハーブと栗原はるみ
野菜たっぷり、春カレーです。
見出し画像

野菜たっぷり、春カレーです。

スパイスとハーブと栗原はるみ

カレーが大好きで一年中作ります。春は香りとコクのある『ディナーカレー』に、ミルクを加えたちょっとマイルドなカレーがうちの定番。たけのこ、芽キャベツ、スナップえんどうなどをグリルしてごはんにのせ、牛肉のミルクカレーをかけるスタイルです。カレーと一緒に野菜もたっぷり食べたいから、ポテトサラダとコールスローも。カレーに欠かせない酢じょうゆ卵ものせたら、暖かくなった庭のテーブルでランチにしましょうか。

春野菜と牛肉のミルクカレー

【材料】(5人分)
牛薄切り肉 300g
玉ねぎ 大1個(300g)
水 500ml
S&B フォン・ド・ボーディナーカレー 1箱(97g)
牛乳 50ml
バター 20g
サラダ油 大さじ1
塩・こしょう 各少々
ゆでたけのこ 1個(150g)
芽キャベツ 8個
スナップえんどう 100g
サラダ油 適量
ごはん 適量
酢じょうゆ卵・ポテトサラダ・キャベツのごまコールスロー(下記参照) 各適量 
コルニッション(MAILLE) 適量

【作り方】
1 玉ねぎは薄切りにする。牛肉は大きければ食べやすく切る。
2  鍋にバター10gとサラダ油を熱し、玉ねぎをよく炒める。しんなりとして薄く色づいたら一度取り出す。同じ鍋に残りのバターを熱して牛肉を炒め、全体に火が通ったら、軽く塩、こしょうを振って水を加える。
3  煮立ったらアクを取り除き、②の玉ねぎを戻し入れる。再び煮立ったら、一度火を止めてカレールウを割り入れ、全体になじませる。弱火にかけ、とろみがつくまで煮込んで牛乳を加え、塩、こしょうで味を調える。
4  ゆでたけのこは穂先はくし切りにし、根元はいちょう切りにする。芽キャベツは半分に切る。スナップえんどうは筋を取る。鍋に湯を沸かし、塩少々(分量外)を加えて芽キャベツ、スナップえんどうをさっとゆでてざるに上げ、水気をよくきる。フライパンにサラダ油を熱し、たけのこ、芽キャベツ、スナップえんどうの両面を弱火で焼きつける。
5  器にごはんを盛って④のグリル野菜をのせ、③のカレーをかける。好みで酢じょうゆ卵、ポテトサラダ、コールスロー、コルニッションを添える。 

酢じょうゆ卵

【材料と作り方】(作りやすい分量)
1
 鍋に卵6~8個を入れ、かぶるくらいの水を加えて火にかける。沸騰したら弱めの中火にして水から約12分ゆでる。冷水にとって殻をむき、水気を拭く。
2 しょうゆ大さじ2、酢大さじ1、砂糖小さじ1を混ぜ合わせてポリ袋に入れ、➀の卵を漬けて冷蔵庫で2~3時間おく。

ポテトサラダ

【材料と作り方】(4人分)
1
 じゃがいも3~4個(500g)は皮ごとよく洗い、蒸気の上がった蒸し器で十分にやわらかくなるまで25~30分蒸す。熱いうちに皮をむき、ボウルに入れて木べらで粗くつぶし、粗熱を取る。
2 きゅうり1本は3㎜幅の小口切りにし、塩小さじ1/4をふって5~10分おき、しんなりしたら水気を絞る。
3 玉ねぎ1/4個(50g)は薄切りにして水に2~3分さらし、ざるに上げて水気をよくきり、軽く絞る。ハムの薄切り2枚は半分に切ってから7~8㎜幅に切る。
4 ➀が冷めたら玉ねぎ、きゅうり、ハムを加え、マヨネーズ大さじ5~6でさっくりとあえ、塩、こしょう各少々で味を調える。

キャベツのごまコールスロー

【材料と作り方】(4人分)
1
 キャベツ300gはせん切りにし、水につけてパリッとさせたら水気をよくきってボウルに入れ、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておく。
2 酢50ml、砂糖大さじ1、塩小さじ1/2を合わせ、砂糖と塩が溶けるまでよく混ぜる。
3 ➀に②を加えて手早く混ぜ、塩、こしょうで味を調える。器に盛り、白炒りごま大さじ3をふる。

今回のスパイス&ハーブ

(左から)
S&B
フォン・ド・ボー ディナーカレー甘口
ナツメッグやシナモン、クローブなどで奥深いスパイス感を表現した、大人も満足の甘口。

S&B フォン・ド・ボー ディナーカレー中辛
旨み、コク、香りのバランスがよく、だれからも愛される納得の中辛。

S&B フォン・ド・ボー ディナーカレー辛口
赤とうがらしと黒こしょうを焙煎し、複雑な辛みが広がる本格派。

©【中野博安】扶桑社 haru_mi 2020年春号

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スパイスとハーブと栗原はるみ
料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、一緒にお伝えしていきます。