スパイスとハーブと栗原はるみ

料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、一緒にお伝えしていきます。

スパイスとハーブと栗原はるみ

料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、一緒にお伝えしていきます。

    最近の記事

    手軽に朝のスープと昼のパスタ。

    私はこの季節、生のコーンを冷凍でストックしてよく朝のスープにします。食感ととろみが楽しめるようにコーンの半量はそのまま残りの半量は刻んで、なめらかに溶けるパウダールウのクリームシチューで気楽に仕上げています。ミニトマトとほうれん草のクリームパスタはビールを添えれば休日のランチにもぴったり。どちらの具も火通りが早く、クリーミーなソースにトマトの酸味が深みになって、こんなに手早く作ったとは思えないおいしさです。 コーンスープ ミニトマトとほうれん草のクリームパスタ フレッシ

    スキ
    48
      • 洋風のソースカツが新鮮。

        カリッと香ばしいひと口カツと揚げて甘みが増す長ねぎのフライを串に刺し、洋風アレンジのソースでいただきます。上から色鮮やかなフリーズドライのハーブをふればふわっとさわやかな香り。ここでは炊きたてのごはんに豆腐とわかめのみそ汁、漬けものを添えたシンプルな定食スタイルです。シャキシャキのキャベツのせん切りもたっぷり添えておいしく食べてください。 ひと口ソースカツ 切り方は大事です カツはキャベツのせん切りと食べるのが私は大好き。芯を除いた葉を2~3枚きつめに巻き、端部分を数セ

        スキ
        25
        • キーマカレーといつものおかず。

          キーマカレーはごはんにのせてもトルティーヤで包んでもおいしい、うちの人気カレーです。ポイントはひき肉にスパイスを混ぜ込んでから炒めること。このひと手間とフォンドボーディナーカレーを使って本格味に仕上げましょう。私は一緒になすの天ぷらや大豆の煮もの、酢じょうゆ卵など、いつものおかずをのせて食べるのが大好き。家庭ならではの、ほっとするような相性のよさを感じます。 キーマカレー なすの天ぷら 大豆の煮もの 酢じょうゆ卵 トルティーヤ 今回のスパイス&ハーブ (左から)

          スキ
          44
          • ボロネーゼをショートパスタで。

            肉のうまみがギュッと詰まったボロネーゼ。手軽でおいしい作り方を試してみたくてビーフシチューのパウダールーを使ってみたら大正解。風味を増すにはスパイスとフレッシュハーブも味方です。パスタはいつものスパゲッティもいいですが、ちょっと肉厚なペンネなどのショートパスタで作ると食べ応えがあり、お肉のソースもよくからみます。 ボロネーゼテレビ台が今はキッチンワゴンにこのワゴンはずっと仕事部屋でテレビ台にしていましたが、模様替えをきっかけにキッチンに移してみました。天板はシルバーグレー、

            スキ
            49
            • 父の日のステーキカレー。

              こんがり焼いたステーキにカレーソースをかけました。具は玉ねぎだけのシンプルなカレーです。ステーキは大きいまま盛りつけ、切り分けたらカレーをなじませながらごはんとともに。つけ合わせのマカロニサラダは彩りがよくまろやかな味。お肉のカレーにもよく合います。父の日に「ありがとう」を伝えるごちそうカレー献立です。 ステーキカレーマカロニサラダ今回のスパイス&ハーブ(左から) S&B フォン・ド・ボー ディナーカレー 甘口 ナツメッグやシナモン、クローブなどで奥深いスパイス感を表現した

              スキ
              37
              • 煮込まずにおいしい夏のカレー。

                ほろ苦いゴーヤの味は夏らしく、私はカレーにもよく入れています。具の組み合わせはカレー版ゴーヤチャンプルー。豚肉を炒めてディナーカレーのルウでなじませたら、炒めたゴーヤと水きりした豆腐を大きくほぐし入れて塩、こしょうで調味します。このままでもおいしいですが、私は仕上げに実山椒の佃煮を加えて味のアクセントに。元気が出る夏のカレーは、煮込まずにさっとできるのもうれしいです。 豆腐とゴーヤのカレー今回のスパイス&ハーブ(左から) S&B フォン・ド・ボー ディナーカレー 甘口 ナ

                スキ
                46
                • ソース使いでよりおいしく。

                  新じゃがのおいしい季節です。みずみずしくて火通りも早いからサラダはもちろん、私はよく薄切りにしてオーブン焼きにしています。味のポイントになるのがビーフシチューのルウを溶かしたデミグラス風ソースと生クリームの組み合わせ。このソース使いにフレッシュなディルの香りとチーズの香ばしさを加えて焼き上げます。ワインのつまみや肉料理のつけ合わせにもぴったりで、手軽でおいしいから何度も作りたくなります。 じゃがいものオーブン焼きディルが余ったらディルソースにさわやかなディルの香りが私は好き

                  スキ
                  66
                  • 母の日にさわやかなレモンカレー。

                    何度も試作を重ねて「これなら!」とうちのメニューに加わった、えびのココナッツレモンカレー。ディナーカレールウとココナッツミルク、レモンの組み合わせが新鮮で、レモンを強めにきかせてみたらすっきりした、とてもさわやかなカレーになりました。食卓でパクチーやミント、バジルを添えてエスニック風に食べるのが私は大好きです。母の日のメニューにも喜ばれそう。酸味の加減はおうちの好みに合わせて作ってみてください。 えびのココナッツレモンカレー ズッキーニケーキ今回のスパイス&ハーブ (左

                    スキ
                    179
                    • まろやかなクリームソースのピザ。

                      ピザは具だけでなく、ソースを変えてみると味が広がります。まろやかにしたいときのおすすめはクリームソース。クリームシチューのパウダールウを溶かすだけなのでとても手軽です。グリルなすのピザはケチャップを少し塗ってからクリームソースを広げるとラザニアみたいな味に。トマトとバジルのピザはフレッシュトマトにクリームソースがからんで小さな子どもたちも大喜び。冷たいコーンスープも一緒に覚えておくと役立ちます。 グリルなすのピザ 【材料と作り方】(直径19cm 1枚) 1 オ

                      スキ
                      36
                      • クリームパイを焼いて春のひだまりランチ。

                        加熱すると甘みが増す長ねぎをクリーミーに味つけてパイで閉じ込めました。アップルパイとはまた違う、食事向きのクリームパイです。私はクリームシチューのパウダールウと冷凍パイシートで気楽に作っています。明るい窓辺にテーブルを移動し、ケーキスタンドを使っていつもとちょっとだけ雰囲気を変えて。パイとサラダを1人分ずつ白いお皿に盛りつけてセッティングすればサーブも簡単です。 長ねぎのクリームパイ  【材料】(4個分) 長ねぎ 2本 ロースハム 2枚 バター 20g 塩・白こしょう 各

                        スキ
                        71
                        • 野菜たっぷり、春カレーです。

                          カレーが大好きで一年中作ります。春は香りとコクのある『ディナーカレー』に、ミルクを加えたちょっとマイルドなカレーがうちの定番。たけのこ、芽キャベツ、スナップえんどうなどをグリルしてごはんにのせ、牛肉のミルクカレーをかけるスタイルです。カレーと一緒に野菜もたっぷり食べたいから、ポテトサラダとコールスローも。カレーに欠かせない酢じょうゆ卵ものせたら、暖かくなった庭のテーブルでランチにしましょうか。 春野菜と牛肉のミルクカレー 酢じょうゆ卵 ポテトサラダ キャベツのごまコー

                          スキ
                          85
                          • 春の食卓にロールキャベツシチュー。

                            やわらかな春キャベツを見かけたら、さらっとした鶏ひき肉のロールキャベツが作りたくなります。クリームシチューのパウダールウで軽く煮込めばでき上がり、盛りつけるとキャベツの淡いグリーンが白いシチューに透けてきれいです。 ハーブチャーハンは仕上げにミントとパクチーを足すだけなのに「この香り、すごく合う!
」と好評。いつもとひと味違うチャーハンが楽しめます。 ロールキャベツシチュー ハーブチャーハン こねないスティックパン 今回のスパイス&ハーブ (左から) S&B 栗原は

                            スキ
                            60
                            • マカロニグラタンが焼き上がりました。

                              私はマカロニグラタンに鶏肉とエビは必ず入れますが、ホタテがあるときはさらに加えてごちそうグラタンにしています。ホワイトソースには、クリームシチューのパウダールウを使うので手間がかからず仕上がりはとてもなめらか。ゆでたマカロニ、炒めた具と混ぜ、チーズをたっぷりふってこんがり焼けばでき上がりです。 ほんのりとスパイス香るアボカドとトマトのトーストを前菜に、よく冷えた白ワインを合わせて焼きたてのあつあつをいただきましょう。 マカロニグラタンアボガドとトマトのトースト今回の

                              スキ
                              77
                              • みんなが集まる夜は、ごちそうカレー。

                                お肉がごろっと入ったポークのディナーカレーは、世代を超えてみんなが大好き。私のこだわりは豚肩ロース肉のかたまりを大きめに切って使い、塩をしっかりまぶすこと。表面を焼き、白ワインで風味をつければ旨みが閉じ込められておいしくなります。仕上げは濃厚で芳醇な「フォン・ド・ボーディナーカレー」。甘口、中辛、辛口はそのときの顔ぶれで選びます。 もう一品のチョップドサラダはその日にある好みの野菜で楽しんで。きれいに切り揃えて、ツナ缶で作る簡単ソースをかければサラダもごちそうです。 ポー

                                スキ
                                60
                                • スパイスの香りをおいしさに。

                                  お茶うけやおやつに、私はよくクッキーを焼いています。このスパイスオートミールクッキーは甘過ぎず、ほんのりスパイスのいい香り。薄めにパリッと焼き上げるのが好きで、小袋に詰めて気楽な手みやげにもします。 スパイスチキンライスはカレーピラフのようなライスと、スパイシーなグリルチキンの組み合わせ。リーフミックスを添えるととてもごちそうに見えますが、それぞれ単品でも役立つレシピです。 スパイスチキンライススパイスオートミールクッキースパイス使いは慣れると楽しい私が初めて知ったスパイス

                                  スキ
                                  92
                                  • 牛肉をステーキのように焼いて煮込む贅沢なカレーです。

                                    和食が続くと無性にカレーが食べたくなりませんか。そんなとき私がよく作るのはスパイシーで深いコクのあるビーフカレーです。といっても具はシンプルに玉ねぎと牛肉だけ。いつもよりちょっと上等な牛肉を選び、ステーキのように表面をこんがりと焼いて煮込みます。 つけ合わせにはグリル野菜、焼きたての簡単ミルクパン、おせちでも活躍した菊花大根。とっておきのカレーだから器にもこだわって盛りつけました。 ビーフカレーグリル野菜簡単ミルクパン菊花大根今回のスパイス&ハーブ(左から) フォン・ド・ボ

                                    スキ
                                    48