見出し画像

豚肉を丸ごと、ハーブの香りでやわらかくジューシーに仕上げます。

冬のキッチンで、ポットローストをコトコト煮込んでいるとハーブの香りも広がってなんだか幸せな気分です。ミックスハーブは私の好きなタイム、ローズマリー、バジル、オレガノを組み合わせましたが、そのときどき手持ちのハーブを自由に合わせて楽しめます。

最初、豚肉に塩とドライハーブをしっかりとまぶし、表面に焼き色をつけてうまみをとじ込めたらあとは鍋まかせ。途中で野菜も加えるとつけ合わせも一緒にでき上がります。

デザートは、体の芯から温まるスパイシーなホットワインにひと口チーズを添えました。

ハーブポットロースト

画像4

【材料】(作りやすい分量)
豚肩ロース肉(かたまり) 1kg
にんにく 3片
塩  小さじ1と1/2
ドライハーブミックス〔S&B バジル・S&B タイム(ホール)・S&B ローズマリー(ホール)・S&B オレガノ 各小さじ1〕
サラダ油 少々
白ワイン 1カップ
スープ(顆粒コンソメ 小さじ1/2を湯3カップで溶いたもの)
A(ローレル 2枚、バジル・タイム・ローズマリー 各フレッシュ 2~3本)
じゃがいも 小8個
にんじん 小2本
小玉ねぎ 8個
塩・こしょう 各少々
マスタード・雑穀米・パン・バター 各適宜

【作り方 】
① 豚肉の表面に切り込みを入れ、縦6つ割りくらいにしたにんにくをまんべんなく差し込む。分量の塩とドライハーブミックスをまぶし、約10分おいてなじませる。
② フライパンに油を入れて中火で熱し、豚肉の脂の多い部分を下にして入れ、焼き色がついたら返して同様に焼き、温めた厚手の煮込み用鍋に入れる。
③ ②にワインを加え、煮立ったらスープを加え、再び煮立ったら弱火にしてAのハーブをのせ、蓋をしてときどき豚肉の上下を返しながら約1時間10分煮る。
④ じゃがいもは皮をむいて洗い、水気をよくきる。にんじんは皮をむき、3cm幅の輪切りにする。小玉ねぎは皮をむく。
⑤ ③に④の野菜を入れ、煮立ったら弱火にし、蓋をして15~20分加熱する。野菜がやわらかくなったら塩、こしょうで味を調える。
⑥ 豚肉を切り分けて器に盛り、野菜を添え、好みでマスタード、雑穀米、パン、バターなどを添えていただく。

画像2

ドライハーブミックスはひき肉と混ぜてハーブソーセージにしたり、魚にまぶし てソテーになど、気軽に使えます。

ホットワイン

画像3

【材料と作り方】(1人分)
小鍋に赤ワイン1カップとシナモンスティック1本、クローブ2個を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止め、砂糖大さじ1~1と1/2を加え混ぜる。好みでチーズにはちみつ適量をかけて添える。

今回のスパイスとハーブ

画像4

S&B オレガノ(左)
さわやかでやや野性的な香り。

S&B タイム(ホール)(中央左)
独特のさわやかな香り。

S&B ローズマリー(ホール)(中央右)
スキッとした特有の強い香り。 

S&B バジル(右
ハーブの王様と呼ばれ芳香が魅力。

©【中野博安】扶桑社 haru_mi 2015年冬号

料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、一緒にお伝えしていきます。