おいしい楽しい食べ方が広がる、 気楽なビーフシチューです。
見出し画像

おいしい楽しい食べ方が広がる、 気楽なビーフシチューです。

秋の夜長は気楽なビーフシチューで楽しみませんか。具には季節のきのことにんじんをたっぷり。ここでは私が好きなまいたけを入れています。コクのある本格ビーフシチューもパウダールウを使えばとても手軽。食べ方は、ごはんにかけて手作りサワークリームを添えたり、つけ合わせのマッシュポテトに半熟のポーチドエッグをのせ、ビーフシチューのソースをかけてくずしながらパンと一緒に食べるのもおいしいです。

まいたけとにんじんのビーフシチュー

画像1

【材料】(約4人分)
牛もも肉 250g
にんじん 1~2本(300g)
玉ねぎ 1個(200g)
まいたけ 1パック(100g)
サラダ油 適量
バター 10g
赤ワイン 1/4カップ
水 2 1/2カップ
S&B 栗原はるみのビーフシチュー 1袋(54.5g)
塩・こしょう 各少々
ごはん 適量
手作りサワークリーム(下記参照) 適量

【作り方】
1 牛肉は2~3㎝角に切る。
2 にんじんは皮をむいて乱切りにする。
3 玉ねぎは3㎝大に切る。
4 まいたけは小房に分ける。
5 鍋にサラダ油を熱し、牛肉を焼きつけて軽く塩、こしょうし、全面に焼き色がついたら赤ワインを加える。煮立ってアルコールが飛んだら水を加え、再び煮立ちアクが出たら取り除く。弱火にして蓋をし、牛肉がやわらかくなるくらいまで約20分煮る。
6 フライパンにバターを熱してにんじんを炒めて⑤の鍋に加え、蓋をしてさらに約10分煮る。
7 にんじんがやわらかくなったら、玉ねぎ、まいたけを加えて3~5分煮て、一度火を止めてS&B 栗原はるみのビーフシチューを入れる。弱火で加熱してとろみがついたら、塩、こしょうで味を調える。
8 ごはんと一緒に器に盛り、サワークリームを添える。

画像2

マッシュポテトとポーチどエッグ

【材料と作り方】(4人分)
1 マッシュポテトを作る。じゃがいも6個(700g)は洗って皮をむき、4等分に切って水にさらす。鍋に入れ、かぶるまで水を加えて火にかける。煮立ったら蓋をして弱火でやわらかくなるまで10~15分ゆでる。ゆで汁を捨て、再度火にかけて水分を飛ばし、火を止めて熱いうちになめらかにつぶす。
2 小鍋に牛乳1/2カップを入れて火にかけて温める。一度火を止め、S&B 栗原はるみのクリームシチュー大さじ2〜3を入れて弱火で加熱し、なめらかになるまで混ぜる。①の鍋に加え混ぜ、生クリーム1/4カップを入れ、塩、こしょう各少々で味を調える。
3 ポーチドエッグを作る。小鍋に湯を沸かして酢少々を入れ、卵4個を何回かに分けて割り入れ、1分30秒~2分、半熟状に火を通して水気をきる。
4 器にマッシュポテトを盛り、ポーチドエッグをのせる。

手作りサワークリーム

【材料と作り方】(作りやすい分量)
1 ペーパータオルを敷いたざるにプレーンヨーグルト1カップを入れ、冷蔵庫に入れ2~3時間以上おいて水きりをする。
2 ①をボウルに入れ、生クリームを大さじ1~2加えてよく混ぜる。

今回のスパイス&ハーブ

画像3

S&B 栗原はるみのビーフシチュー
栗原家で長年作り続けてきたビーフシチューを再現。小麦粉をバターでじっくり炒めたルウの香ばしさと赤ワインの風味が特徴のブラウンソースに、3種の牛だしからとったビーフブイヨンを加えた、素材のうまみとコクが生きた味わい。安心の化学調味料無添加で、使いやすいパウダールウ。

©【中野博安】扶桑社 haru_mi 2021秋号

料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、一緒にお伝えしていきます。