ハンバーグを大きく焼いて、食べたい分を切り分けて。
見出し画像

ハンバーグを大きく焼いて、食べたい分を切り分けて。

一流のレストランにも負けない自信がある、うちのハンバーグ。おいしさの秘密は、表面をフライパンで焼きつけた後にオーブンでふっくらと焼き上げ、うまみを閉じ込めているから。鉄鍋いっぱいに大きく厚めに焼くことで、中はよりジューシーです。
デミグラスソースは便利なフレークを利用した本格味。取り分けたハンバーグににんじんのスパイス蒸しをつけ合わせ、このおいしいソースを両方にたっぷりかけていただきます。

大きなハンバーグ

画像1

【材料(2人分 直径14.5㎝の鉄鍋1個分)】
牛ひき肉 300g
玉ねぎ 1/2個(100g)
パン粉 大さじ2
牛乳 大さじ1 1/2
塩・こしょう 各少々
溶き卵 1/2個
サラダ油 適量
ハンバーグソース
 赤ワイン 1/2カップ
 水 1/4カップ
 S&B 国産牛のデミグラスソースフレーク 15g
 トマトケチャップ 大さじ3
 砂糖 小さじ1~2

【作り方】
① 玉ねぎ1/2個(100g)は8㎜角に切る。
② ボウルにひき肉を入れ、塩、こしょう、溶き卵、➀のパン粉を加えてよく混ぜ、玉ねぎを入れてさらに混ぜる。空気を抜き、大きなひとつの円形に整える。
③ オーブンは230℃に予熱しておく。
④ フライパンにサラダ油を熱し、②の生地をそっと入れて強火で焼きつける。両面に焼き色がついたら鉄鍋にのせ、オーブンで10~12分焼いて中まで火を通す。

画像4

⑤ ハンバーグソースを作る。小鍋に赤ワインを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして約2/3量になるまで煮詰める。水、S&B 国産牛のデミグラスソースフレークを加えてよく混ぜ、とろみがついたらトマトケチャップ、砂糖を入れ、塩で味を調える。
⑥ ハンバーグが焼き上がったらソースをかけ、切り分けていただく。

にんじんのスパイス蒸し

画像3

【材料と作り方(作りやすい分量)】
① にんじん2~3本(500g)は皮をむいて3~4㎜厚さの輪切りにする。
② 厚手鍋にバター50gとつぶしたにんにく1かけ、S&B フェンネルシード小さじ1を入れて熱し、バターが溶けたらにんじん、S&B ブラックペッパー(ホール)10粒、S&B シナモンスティック1/2本を加え、中火で約10分炒める。砂糖小さじ1~2を加え、蓋をして弱火にし、にんじんがやわらかくなるまで途中で上下を返しながら30~40分蒸し煮にする。
③ 塩少々で味を調え、S&B フレッシュハーブ イタリアンパセリ適量の粗みじん切りを加える。

今回のスパイス&ハーブ

画像4

(左から)
S&B 栗原さんちのおいしいごはん 国産牛のデミグラスソース

国産牛を使い、丁寧に煮込んで赤ワインで仕上げた本格ソース。

S&B シナモンスティック
甘い独特の風味が特徴。

S&B フェンネルシード
独特の芳香のスパイスで、魚料理と合う。

S&B ブラックペッパー(ホール)
粒のまま煮込んだり、ミルで挽きたてを楽しんで。

S&B フレッシュハーブ イタリアンパセリ
平たい葉の穏やかな香りのパセリ。

©【中野博安】扶桑社 haru_mi 2020年冬号

料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、一緒にお伝えしていきます。