人気のスープとサラダでタイ料理の一汁一菜です。
見出し画像

人気のスープとサラダでタイ料理の一汁一菜です。

蒸し暑い夏に食べたくなるのが、さわやかでスパイシーなタイ料理です。作り方は意外に簡単で、ハーブの使い方も上達します。
トムヤンクンは酸っぱくて辛い人気のスープ。かんきつ系のさわやかな香りはレモングラスとこぶみかんの葉です。ヤムウンセンの甘酸っぱい味にはパクチーとミントをたっぷりと加えましょう。
タイの香り米で炊いたごはんをレンゲにのせ、トムヤンクンに浸してさらりと食べるのもクセになるおいしい食べ方です。

トムヤンクン

画像4

【材料(4人分)】
エビ大 4尾
鶏もも肉 1/2枚
ブラウンマッシュルーム 1パック
たけのこ 小1個(50g)
S&B フレッシュハーブパクチー 1パック
S&B フレッシュハーブレモングラス 3~4枚
S&B カフェライムリーフ(こぶみかんの葉) 3~4枚
しょうが(薄切り) 2~3枚
S&B 旬の香り 鷹の爪(種を除く) 2~3本
スープ(顆粒鶏ガラスープ小さじ1 を湯4カップに溶いたもの)
李錦記 魚醤(ナンプラー) 大さじ2
ライムの絞り汁 大さじ2
ライム・タイ米ごはん 各適量

【作り方】
① エビは尾を残して殻をむき、背側に切り込みを入れて開き、背ワタを取る。
② 鶏肉は8等分に切る。
③ マッシュルームは石づきを取り、薄切りにする。
④ たけのこは薄切りにする。S&B フレッシュハーブ パクチーの葉先は摘み、根元部分1~2本は縦半分に切る。
⑤ 鍋にスープを熱して煮立て、S&B フレッシュハーブ レモン グラス、S&B カフェライムリーフ、しょうが、S&B 旬の香り 鷹の爪、パクチーの根元部分を入れ、鶏肉を加える。
⑥ 鶏肉に火が通ったらマッシュルーム、たけのこを加える。
⑦ 最後にエビを入れ、李錦記 魚醤(ナンプラー)、ライムの絞り汁を加えて調味する。
⑧ 器に盛り、パクチーの葉先、ライム、タイ米ごはんを添える。

画像2

ヤムウンセン(タイ風春雨サラダ)

画像3

【材料(4人分)】
エビ小 20尾
しょうが(薄切り) 3~4枚
S&B フレッシュハーブ パクチー 1パック
酒 大さじ 1
春雨  1 袋(100g)
紫玉ねぎ 1/2個
きゅうり 1本

A
酢 大さじ5
李錦記 魚醤(ナンプラー) 大さじ 1
砂糖 大さじ2
ライムの絞り汁 大さじ4

ごま油 適量
塩・こしょう 各少々
S&B フレッシュハーブ スペアミント 適量
ライム 適宜

【作り方】
① エビは殻つきのまま背ワタを取り除く。
② S&B フレッシュハーブ パクチーの葉先は摘み、根元部分1~2本は縦半分に切る。
③ 鍋にエビがひたひたになる量の湯を沸かし、パクチーの根元部分、しょうがを入れる。再び煮立ったら酒とエビを入れすぐに火を止め、蓋をして約10分おいて蒸らす。エビに火が通ったら、ざるに上げ殻と尾を取り除き、水気をよくきる。
④ 鍋に湯を沸かし、春雨をほぐして加え、2~3分ゆでる。ざるに上げ水気をよくきってボウルに入れ、ラップをして1~2分蒸らす。氷水を入れたボウルに入れて冷まし、食べやすい長さに切る。
⑤ 紫玉ねぎは薄切りにする。
⑥ きゅうりは縦半分に切り、スプーンで種を取り除いて斜め薄切りにする。
⑦ ボウルに、春雨、エビ、紫玉ねぎときゅうりを加え混ぜ、合わせておいたAを加えてあえる。塩、こしょうで味を調え、ごま油で風味をつける。
⑧ 器に盛り、S&B フレッシュハーブ スペアミントとパクチーの葉先を添え、好みでさらにライムを絞りかけていただく。

今回のスパイス&ハーブ

画像4

(左から)
S&B フレッシュハーブ スペアミント

さわやかな香りが アクセントに。

S&B フレッシュハーブ レモングラス
清涼感のある香り。トムヤムクンに欠かせない。

S&B フレッシュハーブ パクチー
葉から根まで使えて、エスニック料理の決め手に。

S&B 李錦記 魚醤(ナンプラー)
アンチョビのうまみと適度な塩気がクセになる。

S&B カフェライムリーフ(ホール)
柑橘系のさわやかな香り。

©【中野博安】扶桑社 haru_mi 2018年夏号

料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、一緒にお伝えしていきます。