気楽にできるおいしいシチューで温まりませんか。
見出し画像

気楽にできるおいしいシチューで温まりませんか。

スパイスとハーブと栗原はるみ

一年を通してシチューをよく作ります。
時間のないときは、かぼちゃとウインナーみたいに身近な材料とビーフシチューのルウですぐできるひと皿を。
白身魚とじゃがいものココナッツシチューは、丸ごとのじゃがいもをココナッツミルクで煮てシチューのルウでとろみをつけ、仕上げにナンプラーをほんの少し。洋風のクリームシチューがエスニック味にガラッと変わる、ちょっと楽しいごちそうシチューです。

かぼちゃとウインナーのシチュー

画像1

【材料】(4人分)
かぼちゃ 1/4個(正味300g)
玉ねぎ 大1/2個(150g)
ウインナーソーセージ 1袋(6~7本)
サラダ油 適量
水 3カップ
S&B 栗原はるみのビーフシチュー 1袋(54.5g)
塩・S&B ブラックペッパー(あらびき) 各少々
好みのパン(フォカッチャなど) 適宜
S&B フレッシュハーブ パクチー 適宜

【作り方】
 かぼちゃは種とワタを取り除き、皮を落として2.5cm角に切る。玉ねぎは5mm幅の薄切りにする。
 鍋にサラダ油を熱し、かぼちゃを炒め、まわりが透き通ってきたら玉ねぎを加えて軽く炒め、水を加える。煮立ったら蓋をして弱火で約5分煮て、かぼちゃがつぶれるくらいまでやわらかく火が通ったらウインナーを入れる。
 再び煮立ったら一度火を止め、S&B 栗原はるみのビーフシチューを加える。弱火で加熱し、とろみがついたら味をみて塩、ブラックペッパーで調える。
 器に盛り、好みのパンやパクチーを添える。

白身魚とじゃがいものココナッツシチュー

画像3

【材料】(4人分)
白身魚の切り身(タイなど) 4切れ
じゃがいも 小8個(300g)
スープ(中華スープペースト小さじ1を湯3カップに溶いたもの)
ココナッツミルク 1缶(400g)
A〔S&B フレッシュハーブ レモングラス 6~8本 S&B カレーリーフ 4~5枚 S&B カフェライムリーフ 4~5枚 S&B フレッシュハーブ パクチー(根元部分) 3~4本
S&B 栗原はるみのクリームシチュー 1袋(54g)
李錦記ナンプラー 少々
塩・S&B ブラックペッパー(あらびき) 各少々
サラダ油 適量
ごはん(タイ米ごはんなど) 適量
S&B フレッシュハーブパクチー・レモン 各適量
好みの漬けもの 適宜

【作り方】
 じゃがいもは洗って皮をむき、水にさらしてアクを取り、ざるに上げて水気をよくきる。
 鍋にスープを入れて火にかけ、煮立ったら①を入れて蓋をし、弱火で5~10分煮てじゃがいもに半分ほど火を通す。
 ②にココナッツミルク、Aのハーブを入れ、さらに煮てじゃがいもに火が通ったら一度火を止め、S&B栗原はるみのクリームシチューを入れる。弱火で加熱し、とろみがついたら味をみてナンプラー、塩で調える。
 白身魚は水気を拭き、軽く塩、ブラックペッパーをふる。フライパンにサラダ油を熱し、白身魚を皮目から焼きつけ、こんがりと焼き色をつけたら返して中まで火を通す。
 器にごはんを盛り、③のクリームシチューをかけ、④の白身魚をのせる。好みでパクチーを添え、レモンを絞りかけ、漬けものを添えていただく。

料理をする前にまず、器を選びます

画像2

冬の小さなおもてなしは、例えばおいしいシチューとフレッシュサラダ、そして焼きたてのパンとお気に入りのワイン!この気楽さがとてもいいな、と思います。
メニューの品数にかかわらず、料理の前に私がいつもしているのが、食卓のセッティングです。その日の気分でテーブルはキッチンに近づけたり、窓辺に移動したり。食器は白で統一、と前もって決めていても実際に並べてみると同じ白でも違う器のほうが合う気がして入れ替えてみたり。同じようにカトラリー、ワイングラス、調味料入れ……、話が弾み、楽しんでもらえるようなコーディネートを心がけています。
食卓の花の代わりに、クリスマスが近いので庭のジャスミンのつるとピラカンサの赤い実で小さなリースを作って飾りました。この準備の時間が楽しくて私は大好き。食卓が決まれば安心して料理に取りかかれて、不思議と盛りつけのいいアイデアも浮かんできます。

今回のスパイスとハーブ

画像4

S&B 栗原はるみのクリームシチュー
特製のチキンブイヨンと丁寧に仕立てたホワイトソースを合わせた、素材のおいしさがたっぷり味わえるクリームシチュー。

スパイスとハーブと栗原はるみ
料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、一緒にお伝えしていきます。