今日のメインはお肉? それとも魚にしますか。
見出し画像

今日のメインはお肉? それとも魚にしますか。

メイン料理は気楽なレパートリーをいくつか覚えておくと安心です。
肉料理のおすすめはポークソテー。塩だけの味つけにクミンが加わるとエスニック風味になり、レモンを絞ればさらに引き立ちます。
魚のおかずなら煮魚です。花椒や八角などの中華スパイスとケチャップで味つけた銀ダラのスパイス煮は子どもたちにも人気。和風の煮魚とはひと味違うので、にんにくチャーハンを合わせてみたらこれがぴったりでした。

クミンのポークソテー

画像1

【材料(2人分)】
豚肩ロースポークソテー用 2枚
塩 少々
S&B クミンシード 小さじ1
粗びきこしょう 少々
オリーブ油 適量
レモン 適宜

【作り方】
1 豚肉に塩をまぶしてから、S&B クミンシードを全体につけ、粗びきこしょうを振る。
2  グリルパンまたはフライパンを熱し、①の豚肉にオリーブ油をかけてのせ、よい焼き色がつくまで両面焼いて中まで火を通す。
3 焼きたてを食べやすく切って器に盛り、あんかけマッシュポテト、ほうれん草とエリンギの炒めもの(下記参照)、好みのごはんを添え、レモンを絞りかける。

ほうれん草とエリンギの炒めもの

【材料と作り方】(2人分)
1 ほうれん草1束(150g)は軸と葉先に分け、5~6cm長さに、エリンギ1パック(100g)は細切りにする。
2  フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、強火でエリンギを炒めて軽く塩、こしょうをして取り出す。
3 同じフライパンにオリーブ油大さじ1を足し、ほうれん草の軸から順に強火で手早く炒め、エリンギを戻し入れ、塩、こしょう各少々で味を調える。

あんかけマッシュポテト

【材料と作り方】
1 じゃがいも2~3個(300g)は洗って皮をむき、ひと口大に切って鍋に入れ、かぶるまで水を加えて火にかける。煮立ったら弱火にし、蓋をして10~12分じゃがいもが十分やわらかくなるまでゆでる。
2 鍋の湯を捨て、熱いうちになめらかにマッシュし、牛乳1/4カップを加えて混ぜ、塩少々で味を調える。
3 あんを作る。小鍋にだし汁1/4カップとしょうゆ大さじ1、砂糖、みりん各大さじ1/2、塩少々を入れて火にかけ、片栗粉小さじ1を同量の水で溶いた水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
4 マッシュポテトを器に適量盛り、くぼみをつけてあんをかける。

銀ダラのスパイス煮

画像2

【材料(2人分)】
銀ダラの切り身大 4切れ(500g)
塩・こしょう 各少々
薄力粉 大さじ2
サラダ油 大さじ3
長ねぎ 2本
水 1/2カップ
A〔トマトケチャップ 大さじ4 しょうゆ 大さじ3 砂糖・紹興酒・みりん  各大さじ2
にんにく・しょうがのみじん切り 各大さじ1
B〔S&B スターアニス(八角) 1個 S&B フレッシュハーブ パクチー 適量 S&B 旬の香り 輪切り唐辛子 1本分
S&B フレッシュハーブ パクチー 適量

【作り方】
1 銀ダラは1切れを半分に切る。
2 長ねぎは5cm長さに切る。
3 深めのフライパンに、水とAを合わせて煮立て、にんにく、しょうがとBを入れて弱めの中火で2~3分煮て香りを出す
4 銀ダラは水気を拭いて軽く塩、こしょうを振る。ビニール袋に薄力粉と銀ダラを入れ、袋の口を閉じて軽く振って全体に粉をまぶす。
5 別のフライパンにサラダ油少々(分量外)を熱し、長ねぎを入れてよく炒め、③に加える。油大さじ3を足し、銀ダラを入れ、表面によい焼き色がつくまで焼いて中まで火を通す。
6 銀ダラをの③のフライパンに入れて少し煮てなじませ、器に盛る。にんにくチャーハン(下記参照)、S&B フレッシュハーブ パクチーを添える。

にんにくチャーハン

【材料と作り方】(作りやすい分量)
1 ボウルに卵2個を割りほぐし、軽く塩、こしょうする。
2 フライパンにサラダ油大さじ2とにんにくを入れて熱し、香りが出たら卵液を流し入れ、タイ米ごはん2膳分(300g)を加える。
3 卵とごはんをなじませながらパラパラになるまで炒め、顆粒鶏ガラスープ小さじ1、塩、こしょう各少々で調味する。

今回のスパイス&ハーブ

画像3

(左から)
S&B クミンシード
カレーを始め、グリルやソテーに最適。

S&B 花椒(ホール)
中国山椒のピリリとした刺激とさわやかな香り。

S&B スターアニス(八角)
中華料理特有の香りや風味づけに。

S&B 旬の香り輪切り 唐辛子
産地や生産者を指定したとうがらしを丁寧に輪切り。

S&B フレッシュハーブ パクチー
人気のエスニックな香り。

©【中野博安】扶桑社 haru_mi 2018年夏号

料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、一緒にお伝えしていきます。