見出し画像

グラタンとシチュー、寒くなるとくり返し作りたくなります。

うちのグラタンでいちばん人気はマカロニグラタンです。エビと鶏肉、両方を入れるので、ごちそう感があってあつあつをほおばればちょっと幸せな気分です。ビーフシチューはやわらかく煮込んだ牛肉と野菜がごろっと大きめに入っています。パンにもごはんにも合うので、私はいつもリクエストに応えられるようにしています。

どちらもホワイトソースやデミグラスソースがひと手間ですが、市販のフレークを使うととても気楽に作れます。しかもなめらかでコクのある本格的な仕上がりなので、寒い季節は何度も作って楽しんでいます。

マカロニグラタン

アートボード 1

【材料】(4人分)
鶏もも肉 1枚(300g)
エビ 10尾(正味180g)
玉ねぎ 小1個(150g)
マッシュルーム 100g
マカロニ(乾) 60g
ピザ用チーズ 60g
バター 20g
サラダ油 適量
塩・こしょう 各適量
A〔水 1カップ 牛乳 1カップ S&B 発酵バターのホワイトソース 1袋(120g)〕
生クリーム 1/4カップ

【作り方】 
① 鶏肉は小さめのひと口大に切り、塩小さじ1/2、こしょうをまぶす。エビは殻と尾を取り除き、背中に深く切り込みを入れて開き、背ワタを取る。
② 玉ねぎは5㎜幅の薄切りにする。マッシュルームは石づきを取り、4等分の薄切りにする。
③ 鍋に湯を沸かし、塩少々を入れてマカロニを袋の表示どおりにゆで、水気をよくきる。
④ フライパンにバター10gを熱し、鶏肉を焼きつけ、両面に焼き色がついたら残りのバターを足してを炒める。
⑤ 一度火を止めAを加えてよく溶かし、弱火で混ぜながらとろみがつくまで3~4分煮る。
⑥ 別のフライパンにサラダ油少々を熱し、エビを炒めて軽く塩、こしょうをし、⑤に加える。
⑦ ゆで上がったマカロニを加え、生クリーム、塩、こしょうで味を調える。耐熱皿に盛り、チーズを散らし230℃に予熱したオーブンで約15分焼く。

ビーフシチュー

画像4

【材料】(4~6人分)
牛肉 300g
玉ねぎ 大1個(300g)
にんじん 1本(150g)
じゃがいも 小2個(200g)
マッシュルーム 100g
バター 20g
塩・こしょう 各適量
赤ワイン 1/2カップ
水 3と1/2カップ
S&B 国産牛のデミグラスソース 1袋(120g)
トマトケチャップ 大さじ1/2〜1
ウスターソース 小さじ1/2~1

【作り方】
① 玉ねぎはひと口大に切る。
② にんじんは皮をむいてひと口大の乱切りにする。じゃがいもは皮をむいてひと口大に切り、水にさらしてざるに上げ、水気をよくきる。
③ マッシュルームは石づきを取り、3等分に切る。
④ 牛肉はひと口大に切り、塩小さじ1/2、こしょうをまぶす。
⑤ フライパンにバター10gを熱して牛肉を焼きつけ、焼き色がついたら赤ワインを加え、煮立ったら弱めの中火にして約1分煮て、煮込み用の鍋に移す。
⑥ 鍋に水を加え、煮立ったらアクを取り、弱火にして蓋をし、肉がやわらかくなるまで約20分煮る。
⑦ ⑤のフライパンにバター10gを熱し、にんじん、じゃがいも、玉ねぎ、マッシュルームの順に炒め(5~6分)、全体に油がまわったら⑥の鍋に移す。さらに蓋をして8~10分、にんじんとじゃがいもがやわらかくなるまで煮込む。
⑧ 一度火を止め、S&B 国産牛のデミグラスソースを加えてよく溶かし、弱火で混ぜながらとろみがつくまで2~3分煮込み、ケチャップ、ウスターソース、塩、こしょうで味を調える。

おいしいソースはごちそうの素です。

画像3

デミグラスソースとホワイトソースのフレークは、ファスナーつきで保存しやすく、少量使いたいときも便利。いろいろなレシピにアレンジして。素材にもこだわっているので安心です。

今回のスパイスとハーブ

画像5

国産牛のデミグラスソース(左)
国産牛を使い、丁寧に煮込んで赤ワインで仕上げた本格ソース。

発酵バターのホワイトソース(右)
小麦粉と発酵バターを低温でじっくり焙煎し、バランスのよいソースに。

©【中野博安】扶桑社 haru_mi 2019年秋号

38
料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、栗原さんと一緒にお伝えしていきます。

こちらでもピックアップされています

美味しいご飯
美味しいご飯
  • 83本

ステキなクリエイターさんたちの、美味しく美しいご飯を載せています。

コメント (1)
この料理にハーブ使っていますか?塩コショウ?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。