見出し画像

マスタードとしょうゆのおいしい出合いです。

しょうゆ味のめんつゆに粒マスタードのプチッとした食感やバターの風味が溶け合った、おいしい粒マスタードソース。これでチキンソテーがグンとおいしくなります。意外な組み合わせと驚かれることもありますが、うちではずいぶん前から作っているソースで、カジキマグロのソテーにもよく使っています。
ここではチキンにブロッコリーとにんじんも合わせ、どんぶり仕立てでごはんにのせます。残ったソースもからめながらいただくともう箸が止まりません。
つけ合わせにはツナを味出しに少量加えたベビーリーフサラダ、食後にはカルダモンの香りがすがすがしいアイスクリームを用意しました。

チキンソテー 粒マスタードソース

画像4

【材料】(2人分)
鶏もも肉 小2枚(450g)
A〔みりん1/4カップ しょうゆ大さじ3、削りガツオ1袋(5g)〕
サラダ油 少々
塩・こしょう 各少々
白ワイン 大さじ2
バター 10g
MAILLE 種入りマスタード 大さじ1/2~1
ブロッコリー 100g
にんじん 5㎝(60g)
ごはん 適量

【作り方】
① 小さい耐熱容器にAの材料を入れ、ラップをしないで電子レンジで約1分30秒加熱してこし、軽く押さえて絞る。
② 鶏肉は余分な脂を除き、1枚を4等分に切る。ブロッコリーは小房に分け、塩少々(分量外)を加えた湯でゆでる。にんじんは5㎝長さのせん切りにする。
③ フライパンに油を熱し、②の鶏肉を皮目から入れて、軽く塩、こしょうを振って中火で焼き、焼き色が付いたら返して少し焼く。ワインを入れ、アルコールが飛んだら①のめんつゆを加える。上下を返しながらよく煮からめ、中まで火を通す。
④ ③にバターとMAILLE 種入りマスタードを加えて溶かし、②のブロッコリーとにんじんを順に加えてからめる。ごはんを盛った器に鶏肉と野菜をのせ、残ったソースをかける。

画像4

ベビーリーフサラダ

【材料と作り方】(2人分)
S&B フレッシュハーブ ベビーリーフ1袋は洗って水きりし、冷蔵庫で冷やす。ボウルに入れ、水にさらして水気をよくきった玉ねぎのみじん切りを大さじ1、ほぐしたツナ缶(オイル漬け)を大さじ1~2入れ、軽く混ぜ合わせる。ドレッシング(下記参照)を大さじ2~3加えてからめ、味をみて塩・こしょう各少々で調える。

【ドレッシングの材料と作り方】
ボウルにオリーブ油・サラダ油各1/4カップを入れて、赤ワインビネガー大さじ2を少しずつ加えてよく混ぜる。水大さじ1を加えてさらに混ぜ、塩小さじ1/3、こしょう少々を加え混ぜる。

カルダモン風味のアイスクリーム

画像4

【材料と作り方】(作りやすい分量)
① ボウルに卵黄2個分とはちみつ大さじ3~4を入れ、ボウルの底を60℃の湯にあて、卵黄を混ぜながらもったりとかさが増えるまで湯せんにかける。卵黄が温かくなったら湯からはずす。
② 別のボウルに生クリーム1/2カップを入れてかたく泡立て、①の卵黄が冷めたら少しずつ加えながらよく混ぜる。
③ S&B カルダモン(パウダー)小さじ2としょうがの絞り汁大さじ1/2を順に加え混ぜ、金属のバットなどに流し、ラップをかけて冷凍庫に入れる。途中でほぼ固まったところで一度混ぜ、再び冷やし固める。冷やした器に盛る。

今回のスパイスとハーブ

画像4

S&Bカルダモン(パウダー)(左)
甘くさわやかな香りが特徴。

S&Bフレッシュハーブ ベビーリーフ(中央)
葉がやわらかい幼葉を数種類ミックス。

MAILLE 種入りマスタード(右)
種を白ワインに漬け込み風味豊か。

©【中野博安】扶桑社 haru_mi 2014年夏号

94
料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、栗原さんと一緒にお伝えしていきます。

こちらでもピックアップされています

美味しいご飯
美味しいご飯
  • 83本

ステキなクリエイターさんたちの、美味しく美しいご飯を載せています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。