スパイスとハーブと栗原はるみ
スパイスの香りをおいしさに。
見出し画像

スパイスの香りをおいしさに。

スパイスとハーブと栗原はるみ

お茶うけやおやつに、私はよくクッキーを焼いています。このスパイスオートミールクッキーは甘過ぎず、ほんのりスパイスのいい香り。薄めにパリッと焼き上げるのが好きで、小袋に詰めて気楽な手みやげにもします。
スパイスチキンライスはカレーピラフのようなライスと、スパイシーなグリルチキンの組み合わせ。リーフミックスを添えるととてもごちそうに見えますが、それぞれ単品でも役立つレシピです。

スパイスチキンライス

【材料】(4人分)
鶏もも肉 2枚(1枚約250g)
A〔S&B チリペッパーパウダー・S&B クミンパウダー・S&B コリアンダーパウダー・S&B パプリカパウダー 各少々
玉ねぎ 1/2個(100g)
ピーマン 2個 
赤パプリカ 1/2個
マッシュルーム 1パック(100g)
ごはん 400g
トマトケチャップ 大さじ4~5
S&B 赤缶カレー粉 小さじ1
塩・S&B ブラックペッパー(あらびき) 各少々
サラダ油 適量
オリーブ油 適量
レモン 適宜
S&B フレッシュハーブ ベビーリーフ 適宜

作り方】
 玉ねぎは1~1.5㎝角に切る。
 ピーマン、パプリカは縦半分に切って種を取り除き、1.5㎝角に切る。
 マッシュルームは石づきを落とし、4~6等分のくし切りにする。
 フライパンにサラダ油を熱して玉ねぎを炒め、マッシュルームを加える。ピーマン、パプリカを加えてごはんを入れ、強火でパラパラとなるまでよく炒める。ケチャップ、カレー粉を加えて手早く混ぜ、塩で味を調える。
 鶏肉は1枚を6等分に切り、両面に塩、こしょうをふる。フライパンにオリーブ油を熱し、鶏肉を皮目から焼きつけ、こんがりと焼き色がついたら返して中まで火を通す。最後にもう一度、皮目をカリッとするまで焼いてAのスパイスをふる。
 ④のライス、⑤のグリルチキン、リーフミックスを器にそれぞれ盛り、好みでパン、レモンを添える。

スパイスオートミールクッキー

【材料】(12~13枚分)
バター(食塩不使用) 100g
きび砂糖 100g
卵 1個
A〔薄力粉100g 重曹小さじ1/4
B〔S&B シナモンパウダー小さじ1 S&B ナツメッグパウダー小さじ1 S&B カルダモンパウダー小さじ1 S&B 花椒ホール(すりつぶす)小さじ1/2
オートミール 100g
くるみ(ローストしたもの) 50g
レーズン 50g

準備】
・くるみは粗く刻む。
・バターは薄く切ってボウルに入れ、室温においてやわらかくしておく。
・オーブンは180℃に予熱する。

作り方】
 バターに砂糖を入れて泡立て器でよく混ぜ、卵を溶いて少しずつ加えてさらに混ぜる。
 Aを合わせて①にふるい入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜたらBのスパイスとオートミールを加えて粉気がなくなるまで切るように混ぜる。
 ②にくるみ、レーズンを加えてさっくりと混ぜ、生地をひとまとめにする。ゆるい場合は手で丸められるかたさまで冷蔵庫で冷やす。
 ③の生地を等分して丸め、クッキングペーパーを敷いた天板に間隔をあけて並べる。手のひらで平らに押しつぶし、丸く形を整える。
 180℃に熱したオーブンで13~17分焼く。焼き上がったら網にのせて冷ます。

スパイス使いは慣れると楽しい

私が初めて知ったスパイスはナツメッグです。ハンバーグがいつもと味が違っておいしく感じたのを覚えています。あれから早いもので半世紀。今では世界中のスパイスが身近になり、料理やお菓子作りに自由に気楽に試せるようになりました。
スパイスは、香りに慣れるまでは食べる人の好みも考えて少し控えめにするといいでしょう。とはいえミックスすると、こんなにと思うくらい入れてもスパイスどうしなじんで案外バランスが取れます。
ここで紹介したオートミールクッキーは生地にシナモン、ナツメッグ、カルダモンのパウダーをなじませ、そこにちょっと意外な花椒をすりつぶしてひとつまみ。ピリッとした後味がおいしくて私らしいかなと思いながら楽しんで作っています。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スパイスとハーブと栗原はるみ
料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、一緒にお伝えしていきます。