スパイスとハーブと栗原はるみ
煮込まずにおいしい夏のカレー。
見出し画像

煮込まずにおいしい夏のカレー。

スパイスとハーブと栗原はるみ

ほろ苦いゴーヤの味は夏らしく、私はカレーにもよく入れています。具の組み合わせはカレー版ゴーヤチャンプルー。豚肉を炒めてディナーカレーのルウでなじませたら、炒めたゴーヤと水きりした豆腐を大きくほぐし入れて塩、こしょうで調味します。このままでもおいしいですが、私は仕上げに実山椒の佃煮を加えて味のアクセントに。元気が出る夏のカレーは、煮込まずにさっとできるのもうれしいです。


豆腐とゴーヤのカレー

【材料】(5人分)
木綿豆腐 1丁(350g)
ゴーヤ 1本
豚バラ薄切り肉 200g
塩・こしょう 各少々
サラダ油 適量
水 3カップ
S&B フォン・ド・ボー ディナーカレー 1箱(97g)
実山椒の佃煮 大さじ1~2
ごはん 適量
福神漬け・らっきょう 各適量

作り方】
 豆腐はペーパータオルに包んで水気をきっておく。
 ゴーヤは縦半分に切って種とワタを取り除き、1㎝厚さの斜め薄切りにする。
 豚肉は食べやすい長さに切る。
 フライパンか厚手鍋にサラダ油少々を熱し、豚肉を広げて焼きつける。両面に焼き色がついたら水を加え、煮立ってアクが出たら取り除いて一度火を止め、S&B フォン・ド・ボーディナーカレーを加えて全体になじませる。
 別のフライパンにサラダ油を熱し、ゴーヤを強火で炒め、全体に油がまわったら④の鍋に入れる。①の豆腐を手で大きくくずしながら加え、実山椒の佃煮を入れ、塩、こしょうで味を調える。
 器にごはんを盛り、⑤のカレーをかけ、福神漬けやらっきょうを添える。

今回のスパイス&ハーブ

(左から)
S&B フォン・ド・ボー ディナーカレー 甘口

ナツメッグやシナモン、クローブなどで奥深いスパイス感を表現した、大人も満足の甘口。

S&B フォン・ド・ボー ディナーカレー 中辛
うまみ、コク、香りのバランスがよく、だれからも愛される納得の中辛。

S&B フォン・ド・ボー ディナーカレー 辛口
赤とうがらしと黒こしょうを焙煎し、複雑な辛みが広がる本格派。

©【中野博安】扶桑社 haru_mi 2021年夏号

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スパイスとハーブと栗原はるみ
料理家の栗原はるみさんと、スパイスとハーブの会社、エスビー食品が一緒に作った公式アカウントです。 暮らしの中でのスパイスとハーブのおいしい楽しみ方を、一緒にお伝えしていきます。